【Excel】COUNT関数 指定した範囲内にある数値の個数を求める

機能

指定したセル範囲に存在する、数値データ(数値の入力されたセル)の個数を求めることができます。

書式

=COUNT(数値1,数値2,数値3,・・・数値255)

使用方法

Step_1
①結果を表示させたいセルを選択します

Step_2
②数式バーに「 =COUNT(数値1,数値2,・・・) 」と入力します

【数値】数値の個数を求めるセルまたはセル範囲を指定します(例:B3:B8)

Step_3
③結果が表示されます

※指定したセル範囲に数値が4個あるため「4」が表示されます

※文字列「売り切れ」は数値でないためカウントされません

Point
  • 括弧内で指定できる引数は255個までです
  • 文字列や空白のセルはカウントされません