【Excel】DCOUNT関数 表を検索して条件を満たす数値の個数を求める

機能

表(データベース)を検索して、条件に一致する行を見つけ出し、指定した列(フィールド)に入力されている数値の個数を求めることができます。フィルターを実行せずに個数を求めることができる便利な関数です。

書式

=DCOUNT(データベース,フィールド,条件)

使用方法

Step_1
①結果を表示させたいセルを選択します

Step_2
②数式バーに「 =DCOUNT(データベース,フィールド,条件) 」と入力します

【データベース】検索対象となるセル範囲を、項目の見出しを含めて指定します(例:A2:E7)

【フィールド】数値の個数を求めたい項目の見出しを指定します(例:E2)

【条件】検索条件が入力されたセル範囲を、項目の見出しを含めて指定します(例:E9:E10)

Step_3
③結果が表示されます

Step_4
④同様に「国語」についても求めてみます

Step_5
⑤同様に「数学」についても求めてみます

Step_6
⑥同様に「英語」についても求めてみます

Point
  • 条件の項目の見出しは、データベースの項目の見出しと一致させます
  • 条件には、ワイルドカード「 * 」や「 ? 」が利用できます
  • AND条件を指定する場合は同じ行(1行)に条件を入力します
  • OR条件を指定する場合は行を変えて(異なる行に)条件を入力します