【Excel】数字の先頭に0をつける(前ゼロ)方法

エクセルで数字の先頭に0をつける(前ゼロ)方法

こんな方に役立つ情報です
  • 数字の先頭の0が勝手に消されてしまい困っている
  • 社員番号を前ゼロで埋めて6桁にしたい
  • 数字の前を0で埋めたら計算ができなくなった

こんな事ができます

エクセルで、数字の先頭にゼロ「0」を付けて表示することができます。
例えば「51」を「0051」というように、数字の前をゼロ「0」で埋めて表示できます。

どこよりもやさしい解説

【数値データのまま先頭に0をつける方法】

Step_1
①数字の先頭にゼロ「0」をつけるセルを範囲選択します

Step_2
②範囲選択した場所の中で、右クリックします

③表示されたメニューの「セルの書式設定」をクリックします

Step_3
④タブ「表示形式」の「分類」で「ユーザー定義」をクリックします

⑤種類に「00000」を入力します

※表示させたい桁数分のゼロ「0」を入力します

⑥ボタン「OK」をクリックします

Step_4
データ上は「数値」のまま、前ゼロ「0」で表示されます

※セルの値は「数値データ」なので、計算が可能です

【文字列データにして0をつける方法】

Step_1
①数字の先頭にゼロ「0」をつけるセルを範囲選択します

Step_2
②範囲選択した場所の中で、右クリックします

③表示されたメニューの「セルの書式設定」をクリックします

Step_3
④タブ「表示形式」の「分類」で「文字列」をクリックします

⑤ボタン「OK」をクリックします

Step_4
⑥各セルにゼロ「0」をつけて、再度入力します

※文字列データのため、ゼロ「0」は消えることはありません

Step_5
データ上は「文字列」として、前ゼロ「0」で表示されます

※セルの値は「文字列データ」なので、計算はできません

【TEXT関数で0をつける方法】

Step_1
①列を追加して、数字の先頭にゼロ「0」がついたデータを表示する場所を作ります

Step_2
②「TEXT関数」を入力するセルを選択します

③数式バーに「 =TEXT(A3,”00000″) 」と入力します

※この式は、セル「A3」の数字を、5桁の前ゼロ「0」で表示します

※表示させたい桁数分のゼロ「0」を、ダブルクォーテーション内に入力してください

Step_3
④ドラッグアンドドロップで数式をコピーします

Step_4
データ上は「文字列」として、前ゼロ「0」で表示されます

※セルの値は「文字列データ」なので、計算はできません

利用する際のポイント

計算が必要なら【数値データのまま先頭に0をつける方法】を、
計算が不要なら【文字列データにして0をつける方法】を利用しましょう