【Excel】IF関数 条件をよって処理を分ける

機能

指定した条件を「満たしている場合」と「満たしていない場合」で、処理を分けることができます。条件によってセルに表示する内容を変えたい場合に利用します。

書式

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

使用方法

Step_1
①結果を表示させたいセルを選択します

Step_2
②数式バーに「 =IF(論理式,真の場合,偽の場合) 」と入力します

【論理式】条件を比較演算子で指定します(例:A2)

【真の場合】条件を「満たす場合」に表示する値を指定します(例:”合格”)

【偽の場合】条件を「満たさない場合」に表示する値を指定します(例:”不合格”)

比較演算子意味例の結果
A=BAとBは等しい3=3満たす
A<>BAとBは等しくない3<>3満たさない
A<=BAはB以下1<=3満たす
A>=BAはB以上1>=3満たさない
A<BAはBより小さい1<3満たす
A>BAはBより大きい1>3満たさない
Step_3
③結果が表示されます

Step_4
④下方向にコピーして、計算式を全体に適用します

Point
  • IF関数の中に、さらにIF関数を指定して処理を分けることもできます 例:IF(A1>B1,IF(A1>C1,”Aが最大の値”,”-”),”-”)