【Excel】プルダウンメニュー・ドロップダウンリストの作り方

エクセルのプルダウンメニュー・ドロップダウンリストの作り方

解説

エクセルのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)は、クリックすると複数のメニュー項目が表示され、選択すると入力できる機能です。 定型的な入力作業や繰り返し作業を効率化することができます。

手順

【メニュー項目を直接入力する方法】

Step_1
①プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を表示したいセルを選択します

Step_2
②画面上側のタブ「データ」をクリックします

③グループ「データツール」の「データ入力規則」をクリックします

Step_3
④「入力値の種類」で「リスト」を選択します

⑤「元の値」に表示させたいメニュー項目をカンマで区切って入力します

⑥ボタン「OK」をクリックします

Step_4
セルをクリックすると、プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)が表示されます

【メニュー項目をリスト参照する方法】

Step_1
※事前に別シート(下図の例ではSheet2)などに、表示させたいメニュー項目リストを作成しておきます

Step_2
①プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を表示したいセルを選択します

Step_3
②画面上側のタブ「データ」をクリックします

③グループ「データツール」の「データ入力規則」をクリックします

Step_4
④「入力値の種類」で「リスト」を選択します

⑤「元の値」の右側にあるボタンをクリックします

Step_5
⑥事前に作成しておいたメニュー項目リストを範囲選択します

⑦メニュー項目リストへの参照が自動作成されます

⑧右側のボタンをクリックします

Step_6
⑨ボタン「OK」をクリックします

Step_7
セルをクリックすると、プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)が表示されます

Point
  • プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を利用すると、入力項目が選択式になり、入力者による入力ミスを減らすことができます
  • メニュー項目をリスト参照する方法で作成しておくと、メニュー項目の編集が楽になります