【Excel】相対参照と絶対参照を切り替える方法

解説

数式の中の「絶対参照」と「相対参照」を切り替える方法の解説です。絶対参照と相対参照を使い分けることで、参照を固定したり、自動的に変化させたり、作業を効率化できます。

手順

Step_1
①数式の「セル参照」部分にカーソルを合わせて、キーボードの「F4」を押します

Step_2
②セル参照が「絶対参照」に変わります

【絶対参照】参照するセルの「行」と「列」の番号が、常に固定される参照のことで、「$」が番地の前に付きます

【相対参照】参照するセルの「行」と「列」の番号が、操作に連動して変化する参照のことで、標準では「相対参照」になります

Step_3
③「絶対参照」を含む式をコピーします

Step_4
「絶対参照」部分は変化しません(相対参照の部分は連動して変化します)

Step_5
キーボードの「F4」を押す度に「$」の位置が切り替わり、3回押すと「相対参照」に戻ります

Point
  • 数式をコピーした際に、参照をズレないようにするのが「絶対参照」
  • 数式をコピーした際に、参照を連動して変えるのが「相対参照」