【Excel】シートを一部だけ入力許可にして保護する

エクセルのシートを一部だけ入力許可にして保護する

解説

エクセルのシート保護機能を利用して、一部のセルは入力許可(一部解除)に、その他のセルは編集不可にすることができます。申請書や申込書などで、特定のセル以外は入力や編集をさせたくない場合に便利な機能です。

手順

【シートの保護を設定する方法】

Step_1
①入力を可能にするセル(下図ではA・B・C・D)を選択状態にします

※「Ctrlキー」を押したままの状態で、次々とセルをクリックすることで複数選択できます

Step_2
②画面上側のタブ「書式」をクリックします

③プルダウンメニューの「セルのロック」をクリックします

※この操作でセルが「ロックされていない」状態となります

Step_3
・左の図が「ロックされている」状態

・右の図が「ロックされていない」状態

※入力を許可するセルをすべて「ロックされていない」状態にします

Step_4
④もう一度、画面上側のタブ「書式」をクリックします

⑤プルダウンメニューの「シートの保護」をクリックします

Step_5
⑥任意のパスワードを入力します

⑦ボタン「OK」をクリックします

Step_6
⑧再度パスワードを入力します

⑨ボタン「OK」をクリックします

Step_7
ロックされていないセルは入力可能に、ロックされているセルは編集不可となります

Step_8
ロックされているセルに入力しようとすると、警告が表示されて入力できません

【シートの保護を解除する方法】

Step_1
①画面上側のタブ「書式」をクリックします

②プルダウンメニューの「シート保護の解除」をクリックします

Step_2
③保護を設定した際に入力したパスワードを入力します

④ボタン「OK」をクリックします

Point
  • シートの保護は、入力者による意図しない編集(行・列の追加や削除など)を防止できます
  • 一部のセルだけロック解除(入力許可)することで、申込書や申請書の配布・回収が効率的に行えます
  • 計算式・マクロ・ExcelVBAなどで、セルの位置(行番号・列番号)を指定している場合には、シートの保護を利用することで、セルの位置ズレを防止できます