【News】iPhone12とiPhone11の性能を比較

iPhone12とiPhone11の性能を比較

iPhone12はどこが進化したのか

Appleからスマートフォンの新モデル「iPhone 12」シリーズが発表されました。
新しいベースモデルの「iPhone 12」と旧ベースモデルの「iPhone 11」の新旧スペック(性能)を比較してみます。

新旧スペックの比較

機種iPhone 12iPhone 11
ディスプレイ6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ

コントラスト比
2,000,000:1

2,532×1,170(460ppi)
6.1インチ
Liquid Retina HDディスプレイ

コントラスト比
1,400:1

1,792×828(326ppi)
通信規格5G4G
メインカメラ超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値

ナイトモード
光学式手ぶれ補正

2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値

ナイトモード
光学式手ぶれ補正

2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
フロントカメラ1/3TrueDepthカメラ
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash

ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)

映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)

4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
TrueDepthカメラ
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash

ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)

映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)

4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
フロントカメラ2/3Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
フロントカメラ3/3ナイトモード
Deep Fusion
ビデオ撮影1/24Kビデオ撮影(24fps・30fps・60fps)

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)

ビデオの光学式手ぶれ補正

2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム

オーディオズーム
QuickTakeビデオ

1080pスローモーションビデオ、120fpsまたは240fpsに対応

手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ

ステレオ録音
4Kビデオ撮影(24fps・30fps・60fps)

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)

ビデオの光学式手ぶれ補正

2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム

オーディオズーム
QuickTakeビデオ

1080pスローモーションビデオ、120fpsまたは240fpsに対応

手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ

ステレオ録音
ビデオ撮影2/2Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)

ナイトモードのタイムラプス
CPUA14 BionicチップA13 Bionicチップ
バッテリー17時間ビデオ再生可能17時間ビデオ再生可能
防水水深6mで30分の防水水深2mで30分の防水
容量64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
本体サイズ高:146.7mm
幅:71.5mm
厚:7.4mm
高:150.9mm
幅:75.7mm
厚:8.3mm
重さ162g194g
カラーブルー
グリーン
レッド
ホワイト
ブラック
パープル
イエロー
グリーン
ブラック
ホワイト
レッド
価格【64GB】
8万5800円
【128GB】
9万800円
【256GB】
10万800円
【64GB】
6万4800円
【128GB】
6万9800円
【256GB】
8万800円

Point
  • iPhone12になって「液晶が綺麗に」「重量が軽く」「カメラのナイトモード機能が拡充に」なりました
  • iPhone11より、ひとまわりサイズがコンパクトになり、軽くなりました