【Word】差し込み印刷する方法

解説

Word文章の指定した場所に、Excelで作成したデータを差し込んで、印刷することができます。複数人に同じ内容の文章を、宛名を変えて配布する場合に便利な機能です。

手順

Step_1
※事前に「差し込み用データ」をExcelファイルで作成しておきます

Step_2
①メニューの「差し込み印刷の開始」をクリックします

②プルダウンメニューの「差し込み印刷ウィザード」をクリックします

Step_3
③画面右側の「名簿」を選択します

④画面右下の「次へ:ひな形の選択」をクリックします

Step_4
⑤画面右側の「現在の文章を使用」を選択します

⑥画面右下の「次へ:宛先の選択」をクリックします

Step_5
⑦画面右側の「既存のリストを使用」を選択します

⑧画面右側の「参照…」をクリックします

Step_6
⑨事前にExcelで作成した「差し込み用データ」を選択します

⑩ボタン「開く」をクリックします

Step_7
⑪ボタン「OK」をクリックします

Step_8
⑫ボタン「OK」をクリックします

Step_9
⑬画面右下の「次へ:レターの作成」をクリックします

Step_10
⑭差し込みデータを挿入する位置で1回クリックして、カーソルを合わせます

⑮画面右側の「差し込みフィールドの挿入…」をクリックします

Step_11
⑯差し込みデータの列名(フィールド)を選択します

⑰ボタン「挿入」をクリックします

⑱差し込みデータの列名(フィールド)が、文章内に挿入されます

Step_12
⑲⑳㉑同様に、残りの差し込みデータの列名(フィールド)も挿入します

㉒画面右下の「次へ:レターのプレビュー表示」をクリックします

Step_13
㉓画面右下の「次へ:差し込み印刷の完了」をクリックします

Step_14
㉔画面右側の「印刷…」をクリックします

Step_15
㉕ボタン「OK」をクリックすると印刷できます

※印刷する行(レコード)を指定したい場合は、下図の画面で「最初のレコード」と「最後のレコード」を入力した後、ボタン「OK」をクリックします

Point
  • 差し込み印刷は、ハガキ・宛名ラベルなどにも利用できます